Creazini Luciano社

クレアツィオーニ ルチアーノ社は1955年に創業し、クロイゾンネ チェラミコの伝統技法、 (日本の七宝焼きのように融けた釉薬によるガラスあるいはエナメルの美しい彩色を施す装飾をした陶器) 経験、オリジナルデザインが融合した商品を産み出した。
クレアツィオーニ ルチアーノ社によって独自開発された特殊技術によるレリーフ(浮き彫)加工は、 手作業で行われ作業工程は10以上にも及びます。
精巧で極めて稀な特徴を持ち,”Made in Italy” の中でも際立つ存在として、 長きに渡り世界中に知られています。
※表面上に見える釉薬によるヒビ割れはクロイゾンネ チェラミコ技法の特徴でもあり、 同じヒビ模様は二つとして産まれません。




 

成形:

 お絵かき:

 成形機は、粘土の成形に使用される石膏型を作成します。

 主題はスケッチされ、最終的な形に徐々に発展します。




 

彫刻:

 フォーミング:

 彫刻家は、センターパンチを使用して、石膏模型にネガを作成します。

 白い粘土が最初にキャストされ、次にアイテムを作成するために使用された石膏型から抽出されます

 








 

乾燥:

 仕上げ:

 このプロセスは非常に綿密に監視され、部品に損傷や変形が生じないように重りをかけたり取り外したりします。

 

 アイテムをトリミングして仕上げ、すべての欠陥を取り除き、滑らかにします。

 






装飾

アイテムは1050℃で最初に焼成されます。
これによりアイテムは硬く、多孔質で耐久性があり美しいサクサクした白になります。
電球型のスポイドとペイントブラシを使用し装飾担当の職人はレリーフ図面にガラスエナメルを流し込んでいきます。







 

グレージング:

 2回目の発砲:

 Gla薬は、作品を密封し、一貫性を保つために適用されます。

 

 最後に、作品は950°で2回目の焼成を経て、ステンドグラスに似た明るく光沢のある外観になります。

 


「SENDAI」タイル制作動画
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ロングバナーの説明文

カテゴリーから探す